当たる占いサイトで紹介する手相占いとは?

手相を占ってもらう場合に生命線などはとてもよく知られる線ですよね。
もちろん他にも金運や恋愛について占ってもらったという人も多いでしょう。
しかし私たちがよく知っている手相はほんの一部分にすぎません。

そして自分の手のひらを見てもらうと分かると思いますが、太い線以外にも細い線がたくさん存在します。
それらの1本1本にそれぞれ意味がありますから、手相を見るという事は本当にたくさんの事を占う事が出来るという事です。
極論を言えば手相を見ればその人の全てが分かると言えるのではないでしょうか?

そしてその中からあなたが知りたい事を質問し、それに占い師が答えてくれるという事です。
なので、もしあなたが質問をこんなふうに聞いてみたらどうでしょうか?
「この手相の人はどんな人生を送る手相だと言えますか?」

するとあなたが予想をしていないような返事があるかもしれません。
自分が興味がないと思っていた事であってもそれに適性があると言われたら興味を持つ子ともありますよね。
そうやって手相を占ってもらう事であなたの可能性が広がると言えるのではないでしょうか?

手相とは1人1人全く異なり、双子であっても手相は違っていると言われます。
生年月日や姓名判断なら同じ条件の人がいるかもしれませんが、手相では唯一自分だけの占い結果になります。
そう思うとその占い結果がすごく説得力を持つのではないでしょうか?

手相占いの的中率はどのくらいなのか?

手相は当たる占いなのでしょうか?その的中率は気になりますよね。
まず最初に言える事は手相は占い師にとっては非常に難易度は低い占いだと言えるでしょう。
なぜかというと、手相を見て占いをするので知識に基づいて話すという行為だからです。

この手相の○○線が長ければこうゆう意味だとか、この線が2つに分かれているとこうゆう意味だと意味に当てはめていけばいいからです。
そうゆう意味ではあまり占いのプロと占いの素人が占った場合でも占いの結果に大差はないと言えるでしょう。
では的中率はどうかと言えば、手相とはある意味統計学なのです。

この手相だった人はこうゆう人生を歩んだ人が多いというデータを元に作られたわけですから、データが多ければ多いほど的中率は高まります。
そして手相の歴史は古く、東洋を中心に世界中で行われているためにデータは非常に集まっている状態です。
そのため的中率は高いと言えるでしょう。

ただし統計学ではどんな事でもそうですが、100%にはならないという事です。
過去のデータではこうゆう場合はこうゆう結果になったから、今占っている人もこうゆう結果になる可能性が非常に高いとは言えます。
しかし過去にもわずかながらに例外はあったでしょうし、そしてその占っている人が例外に含まれるのか含まれないのかは現時点では分かりません。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする