家庭相談をしたくて利用した電話占い。それから長年アドバイスをいただいています

家庭環境が悪いというのではなく、父の病気をきっかけにして私の心が乱れてしまったんです。
占いには興味があり「一度みてもらいたい」という思いが強くなっていきました。
そして、初めて先生に鑑定を依頼してみました。
その時の体験談です。

電話占いというスタイル

家の環境は看病というものがメインとなり、いろいろと忙しく外出もままならない状態でした。
ですから、占いをしてもらいにどこかへ行くという事が難しい環境だったんです。
そんな時、「電話占い」というものの存在をしりました。
料金をお支払いして鑑定を電話でしてもらえるというのです。
強く興味をもち、利用をしてみることにしました。

先生を選んで鑑定へ

たくさんの先生が在籍していて、得意のジャンルな鑑定方法などがサイトに書かれていました。
その中からピンときた先生に依頼をしてみました。
四柱推命をメインとされているようで、基本的な情報を最初の数分を使ってお伝えしました。
そして鑑定です。

私の性格・状況・思いなどにまずは触れていきました。
そのどれもが当たっていて言葉を失ってしまいました。
そして、この先生になら何でも相談できるという実感のようなものも抱きました。

明るい未来とアドバイス

いろいろと落ち込むことも多かったのですが、そんなに落ち込む必要はないという事。
明るい未来を創るためにどのように行動をすべきなのかというアドバイスもいただきました。
電話を切ることろには、かける前と違って心がすごく軽くなりましたし、前向きに頑張っていこうという気持ちにもなれたんです。当たる占いは、私の人生に大きな影響を与えてくれました。

家庭も落ち着いてきました

父の病気もずいぶんと良くなり、少しずつ環境も落ち着きつつあります。
アドバイスを活かしながら日々を過ごしてきた私も幸せだと思うことも増えてきました。
こうした視点を抱くことができたのも、あの時に電話占いを利用したからではないかと感じています。
その後、先生にはときどき電話をしてアドバイスをもらっています。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする