動物占いの基礎知識

動物占いは、他の占いのように古代に発祥し、長い歴史がある占いではありません。
そのため遊びで占い際にはいいけど、真剣な占いにはちょっと・・・・当たらないのでは?
そんなふうに思っている人も多いかもしれません。

ですが、そもそも動物占いとは、中国の四柱推命をもとに作られている占いなのです。
そのため12種類の動物と4つのグループによって構成されています。
ただ、12種類の動物と言いましたが、動物占いはさらに進化し、60種類の動物で構成されている占いも存在します。

12種類の動物と4つのグループで説明をすると、まず地球グループに属する動物は猿、虎、コアラ、狼です。
そして太陽グループには、チータ、ライオン、象、ペガサスが属します。
それから満月グループは、ひつじと黒ひょう、新月グループはたぬきとこじかが属しています。

それぞれの動物には特徴があり、ひつじなら人恋しい博愛主義者、狼なら個性豊かなマイペース人間という具合に、動物の特徴とその人の性格が上手にリンクしているので、楽しみながら占いをする事が出来るのです。
動物占いは当たらないと言われますが、この動物の性格は、妙に当たると評判になっている事も事実です。
やはり、もととなる四柱推命が当たる占いである事も関係しているのでしょう。

また属しているグループにも意味があり、どのグループに属しているのかによって相性判断をする事が出来ます。
そのため、動物占いで占える事は、その人の性格と、相性の2点です。

動物占いが意外と凄い理由

動物占いは、友達とワイワイと楽しむための占い、無料で占うものというイメージが強いと思います。
確かに、たくさんいる占い師の中でタロット占いが得意、手相占いが専門という人はいても、動物占い1本で頑張っている。
そんな占い師はいないでしょう。
ですが、そんな動物占いですが、実際にやってみたら、自分の性格をズバっと的中させられた。
凄い当たっていると思う事はないですか?

実は動物占いとは、中国で発祥した四柱推命を元に作られた占いなのです。
四柱推命自体は、中国の難しい漢字がたくさん使われているため、正直とっつきにくいと感じる人も少なくないでしょう。
ですが、その漢字を動物に置き換えてみたらどうでしょうか?

可愛らしいイメージとなり、難しさが一気にとれてしまいますよね。
例えば動物占いの「小鹿」は、四柱推命では「養」の事を意味しています。
ちなみに小鹿の特徴は、好奇心が旺盛であるけれど、初対面の警戒心が強いため、親しい人としか話さない傾向があります。

動物占いの元となっている四柱推命は、長い歴史があり、的中率も高い占いなので、動物占いも意外と当たって凄いと感じるというわけです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする